沿革と校歌

北浦三育校章  

 
北浦三育中学校は、茨城県の南東部、水郷といわれる風光明媚な場所に位置し北浦湖畔の丘の上に1969年に創立された全寮制中学校です。
(ページの下で校歌の試聴ができます。)


沿 革








1898年
明治31
キリスト教宣教師W.Cグレンジャーにより、
東京麻布に芝和英聖書学校を開設。
1914年
大正3
東京府豊多摩郡杉並村(現:杉並区)天沼に移転。 日本伝道学校と改称。
1919年
大正8年
小学校・中学部・高等部を設置し、天沼学院と改称。
1926年
大正15
千葉県君津郡神納村(現袖ヶ浦市)に移転。
日本三育学院と改称。
1928年
昭和3
東京衛生病院看護婦学校(3年課程)を天沼に設立。
1943年
昭和18
9月20日、キリスト教信仰のゆえの治安維持法違反の容疑で、特高警察により院長以下主要教員が検挙・連行。女学院も同様。学院業務を停止。12月26日、千葉県例により学院閉鎖。学院施設は陸軍療養所として接収。
1947年
昭和22
1月23日、日本三育学院再開。
1953年
昭和28
神学科・教育学科・セクレタリー科を設置。日本三育学院と改称。
1969年  昭和44  北浦三育中学校設立
1971年  昭和46  シャロンホーム(女子寮)
 カナンホーム(男子寮)完成
1977年  昭和52  校舎増築、女子寮新館増築
 食堂、旧チャペル新築
1979年  昭和54  第二グランド完成・男子寮増築
1984年  昭和59  体育館テニスコート完成
1987年  昭和62  講堂、特別教室校舎新築
 チャペル竣工
1992年  平成4年  新男子寮竣工


校歌(クリックで拡大)

お知らせ

ご相談受付中

生徒募集
2017年度
生徒募集


学校案内
資料請求
入学案内
個別の学校見学は随時受け付けております。
お申込はこちらから。