6月 30 2019

社会人落語独演会開催 〜日曜チャペル〜

6月30日(日)のチャペルは日本の文化体験として、行徳亭林檎さんによる落語の独演会が開催されました。「文七元結(ぶんしちもっとい)」という人情噺(ばなし)と「寿限無(じゅげむ)」という前座噺の演目を披露していただきました。生徒達も国語の時間に落語についての歴史や演目のあらすじなどを学習していました。しかしそれ以上に林檎さんの落語は丁寧で軽快な語り口で、登場する役を上手に演じてくださり、生徒達も噺の世界にすっかり浸かって感動していました。
生徒たちの質問にも答えてくださり、覚えるまで何度も練習することや声に出して覚えることの大切さを伺い、大変興味深いプログラムになりました。

会場はすっかり寄席の雰囲気です

行特定林檎さんによる迫真の語り

たくさん練習を重ねた落語と好きなことを続ける姿勢を学びました

コメントはありません

Comments are closed.